沿 革

昭和63年

○ 株式会社セテック設立
当社、代表取締役瀬戸弘は、北海道電力㈱にて、トランジスタリレーの開発。水力発電所、超高圧変電所、ガスタービン発電所、地熱発電所、石炭火力発電所の設計。建設所長、火力発電所長、及び排煙脱硫装置開発調査役を歴任。北海道電力㈱を退社し、㈱セテックを設立。

平成1~3年

○三段電気料金制に適合する電力用プリペイドメーターの開発・試作。
○石炭灰利用乾式排煙脱硫製造用テストプラントを開発・設計・及び製作し、北海道電力㈱総合研究所へ納入。

平成4~7年

○遠心流動層試験装置を開発・設計・製作し、北海道工業技術研究所へ納入。
○石炭灰利用路盤材製造プラントを設計・製作し、川崎重工業㈱経由、鳴門塩業㈱に納入。

平成8~11年

○乳酸・乳酸カルシウム製造実証プラントの設計.製作、及び試験を中小企業事業団より受託。(H8~11年)
○エヤリフトコンベヤの性能向上について、搬送側、リターン側ともにエヤリフトしたときのベルト偏移、及びリターン側ベルト局部摩耗の対策。モデル機による試験の実施。住金鉱業㈱へ納入。
○酒田共同火力発電㈱排煙脱硫用炭カル供給用に鳥海カルシウム㈱炭カルプラント設計。
○太陽光発電システム(3kW)及びPR用システム設計・製作。北海道電力釧路支店へ納入。

平成12~15年

○北海道電力㈱苫東4号機用、排煙脱硫装置用計装盤及び石炭搬送系統制御盤設計・製作。
○超臨界石炭ガス化反応試験装置を工技院資源環境研究所(つくば)へ納入。
○新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)より平成12年度「畜産廃棄物のバイオ醗酵ガスによる電力・熱コジェネシステムの開発」に関する研究を受託。
○新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)より平成14年足寄町農業協同組合との共同研究で「人参等根菜類低温出荷用、自然冷熱利用の実証試験」を受託。
○バイオプラント用生物脱硫塔の設計・製作、及び試験を受注。大成建設へ納入
○家畜ふん尿メタン発酵装置の設計・製作し、三重大生物資源学部附属農場へ納入。

平成16~19年

○農水省より「古米利用乳酸.及びポリ乳酸製造」に関する委託研究を受託。
○木質ガス化用キルン熱解析を北海道パワーエンジニアリングより受託。
○甜菜製糖工場廃棄ライムケーキリサイクル用として粉粒流動層による焼成装置の開発・試験(自社研究)
○北見市都市ガス漏えい事故に関連して「ガスの土壌透過特性測定と、土壌中のガス拡散シミュレーション」について高圧ガス保安協会より受託。

平成20年〜

○ディーゼルエンジン排ガス浄化に関して、北海道大学と当社の共同研究を鉄道運輸機構(JRTT)より委託を受ける。当社は、排ガス中DPを放電による低温燃焼の研究を単頭。
○太陽光発電について北海道庁の設計コンペで唯一入選する。FIT制度後、520KWを設計製作する。
○乾式排煙脱硫吸収塔においてバグフィルター、移動に関するシミュレーション解析による脱硫性能の研究、

Copyright(c) 2015 Setec All Rights Reserved.